2018年2月9日金曜日

春をよびこむアイテムたち



立春を過ぎても毎日寒いですね。

こう寒いとお店の鉢物の管理も大変。夫が毎日、丁寧に剪定したり、冷え過ぎないように細心の注意を払ってお世話をしてくれているのですが、先日ふと満開になったチューリップのお花が切りっぱなしでおいてあるのを私が発見。器にいけておいたら、2週間以上たったいまも力強く咲いています。

チューリップは日光を浴びると気持ちよくなってぱーっと開くのですが、よくうちのお客さんたちがそれをみて、これもう咲いちゃってるから終わりよね ーっとおっしゃいます。でも実際はそれからのほうがチューリップたちはパワフルなのです。丈も伸びるし、お花ものびのびと広がって、満開のチューリップから私はいつもたくさんエネルギーをもらうような気がします。

「お日様ー!』と太陽のほうを向いて満開になっているチューリップをみたら花瓶にさしてしばらく観察してみてくださいね。新しい発見があるかもしれません。

なかなか温まらない毎日ですが、アトリエでは少しでも春を呼び込めるように春のアイテムをせっせと作っています。ハーバリウムやミモザのリース。小さな春を見つけにぜひぜひお店にも遊びにいらしてくださいませ。^^